毎月開催 水辺の清掃活動/ Waterfront Cleanups | EES 2018

毎月開催 水辺の清掃活動/ Waterfront Cleanups

皆で守ろう東京の水辺!/ Let’s Join SEAVERS

当倶楽部では、毎月 第1または、第3土曜日に水辺に漂着するゴミの回収活動「水辺の清掃活動」を開催しています。
東京港周辺の水辺は、高潮や津波対策のため約7メートル防潮堤防が整備されています。これら堤防の外側に生物多様性の対策が施され、水生生物が生息できる環境を整備していています。潮の干満は、こうした護岸に干潟のような効果をもたらし、多くの生物が生息する環境となりましたが、同時に浮遊しているごみの漂着場所にもなってしまいました。

本来、東京港周辺に漂着したゴミは、「東京都港湾局」又は、「建設局」が予算を組み、民間事業者に回収事業を委託していますが、陸上に漂着してしまったゴミの回収は委託契約に含まれていないため、また所管する自治体も移動手段・回収方法が無いため放置されてしまっているのが現状です。

そこで平成9年2月、こうした問題点を解決するため、誰もが参加できるボランティア組織「SEAVERS」を結成、近寄れない護岸にボートで上陸しゴミの回収を行う取り組みを開始、現在、月1で開催している会員向け定例会に合わせ、午前中を基本に回収活動を行っており、2015年現在、通算70回のべ1500名近い参加者となっております。

There are about seven meters high tide embankments surrounding Tokyo port area to prevent submergence from high tides and Tsunami. There are measures to conserve biological diversity outside of these embankments. The rise and fall of the tides bring tidal flat like effects to the embankments with biological diversity. It provides habitats to aquatic species at the same time traps floating wastes.
Tokyo Ports and Harbors Bureau or Construction Bureau is responsible and budget and sub-contract private companies to collects floating wastes on water. However, the contract excludes collection of waste once it drifts down on shore. Currently there is no local municipality, accessibility, nor collection system for the trapped wastes.
In 1997 February, SEAVERS was set up to solve those waste problems. SEAVERS has started cleanup activities accessing the shore by boat. Now cleanup activity is held every first Saturday morning of the month, which is the same day the regular monthly meeting is held. As of September 2015, total of 70 cleanups and nearly 1500 people have participated.

「水辺の清掃活動」は、陸からではアクセスが出来ないため、ボートで上陸して漂着するゴミを回収します。皆様のご参加をお待ちしております。

次回スケジュール/Next schedule

12月3日(土)9:00~
詳細はこちら

ページ上部へ戻る